2015年4月25日土曜日

ひじきの歯肉炎と健康診断


先日、ひじきも健康診断を受けてきました。
文字ばかりの記事ですが、記録のために、書き残しておきます。


はじめ、彼はワクチンの時でいっか、と思っていたのですが
ワクチンの間隔をすこし広げようかと検討していること、
最近、ひじきの口臭が以前よりひどくなっている気がすること、
歯磨きを最近嫌がる?痛がるようになり、
どうやら歯肉炎になっているっぽいこと、
まあ、そのほか諸々事情があって、
遅らせて受診する理由もないだろうと。


実は、昨年秋ごろから気になっていた口臭ですが、
状態もわるくなさそうだし、カリカリ臭だと思って
あんまり気にしていなかったんです
→ 11月の記事 

が、ある日、ちょっとひー君、お口をようく見せて?
とぐいぐい口唇をめくりあげてみると、左の奥の歯茎が赤くなっていました。
(>_<)

というわけで、即病院予約しました。




☆☆☆





さて、健康診断です。
血液検査は、しおと同じく一般検査と感染症検査をお願いしました。
(結果は郵送していただくことになりました)

検温、検便(検温時のついでに便を見る?)、触診などは問題なかったのですが
やはり、歯肉炎になっていました。
しかも、左奥は、歯石も結構たまってると。
(やっぱりうまく磨けてなかったのね・・ (/_;) ゴメンネ)


で、この後どうすればよいのか、どんな方法があるのかを教えていただきました。
まず、すぐやれることとして:

  • 引き続き、歯磨きを頑張る
  • 歯磨きの道具を柔らかいものに(歯磨きが痛くないように工夫)
  • 歯肉炎になっている箇所からサンプルを取り出し、どんな菌があるかの検査をする
  • インターフェロン(粉)を歯肉にすり込み、炎症の改善を図る


があるとのこと。

ひどくなれば、麻酔をかけて、歯石とりや抜歯(!)になるのですが、
ひじきの場合は、まだまだその状態ではないとのこと、
基本は現状通りでよいでしょう、と。


菌の検査については、最近の技術らしく、どのような状態まで悪化する可能性があるのか、
予測ができるようになったんだそうです。

オススメされたのが、インターフェロンで、歯肉炎に効果があるのだとか。
薬にあまり詳しくないわたし、それでも免疫関係の重篤な病気に使う薬のイメージがあり、
腑に落ちない部分もあったのですが、これも最近の技術(っていうのかな?)らしいです。

副作用は無いのですか?と確認すると、「ありません(きっぱり)」とのこと。
ただ、少しお高くなりますと。(でも、確認すると、2000円/ひと月分 ぐらいでした。)



相談の結果:

  • インターフェロンをまずはひと月投与してみる
  • 併せて歯磨きを引き続き頑張る
  • ひと月後、改善が見られなかったら、菌の検査を受ける

で対応することにしました。


すこし心配でしたが合わなければ止めればよいし、とりあえず試してみることにしました。
インターフェロンなんぞや?でネットで調べてみたのですが、
やっぱりいまいち分かりませんでした。

ちなみに、処方していただいたお薬は「インターベリー」。
ネットで「インターベリーα」という歯肉炎のお薬を見つけたのですが、
確認したところ、こちらとは違うお薬とのこと。

一日一回、耳かき一杯分を指につけて(ちょっと指を湿らせた方がやりやすい)、
歯肉炎になっている歯茎に直接すり込む。
今のところ、順調です。




写真がないのも淋しいので。。。
病院の数日後に撮った、シンクロナイズド☆にゃんこ をどぞ!







*・・ お立ち寄りありがとうございました ・・*
ヒトもネコも往き交う猫ブログ
このご縁がつながり、つづいてゆきますように


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  

あんがとー!!
 by ひじき



☆病院への行き方について☆

しおちゃんは、バスに乗ってわたしひとりで行きましたが
(バス乗車はわずか数分なんだけど、キャリーもって歩くと15分はかかっちゃうので。)
ビビリーひじきにはたしてそれが可能か?ということで
オットに早めに帰宅してもらい、車で行きました。

それでも、まるで小さな仔(ニンゲンの)が泣いているような
泣き方で鳴くのよ~・・・
彼は、しおが側にいないと、病院ひとついけないオトコのようです・・(~_~;)
(しおが側にいると安心してあんまり鳴かない)


☆歯磨きの道具について☆

病院で買った、紙製の使い捨てを使っていますが、
ワンニャン兼用?のためかやっぱりイマイチ使いにくい。
師匠Fに教えてもらった、人間の赤ちゃん用シリコンのを買う予定です。
届いたら、またご紹介します♪



2 件のコメント:

やらいちょう さんのコメント...

歯肉炎・・・
ウチの猫さん達も一度検査しないと。
早めの対処でずいぶん違うでしょうからね。
歯磨き、やはり大切なんでしょうね・・・。

点々子 さんのコメント...

♪やらいちょうさん♪

そうですねえ、猫さんの歯も人間と一緒で
予防と早めの対処が大事なんでしょうね。

時間はかかったけど、歯磨き、磨かせてもらうところまでこぎつくことが
できました。
といっても、ひじきは「歯磨きするよ~」というと飛んでやってくるけど、
しおちゃんは、「喜んで」とまではいかないんですけどね。
これからも地道に頑張りたいです☆